イチジク浣腸で赤ちゃんの便秘解消

赤ちゃんのイチジク浣腸のやり方

イチジク浣腸

グリセリンを肛門から入れて便秘解消に使える浣腸として「イチジク浣腸」はよく知られています。
便秘になるとウンチが硬くなりますが、カチカチになって肛門を塞いでいるときに使うといいでしょう。
また、赤ちゃんにやさしく声を掛けながら行うと、リラックスできます。

 

注意点

3カ月検診前は医師の診断が必要になり、3カ月以上は医師や薬剤師などに相談してから行ってください。
0~5歳は「イチジク浣腸10g」(使用期限内のもの、0歳児は半量の5g)を約40度のお湯で体温近くに温めて使い、残りの液はトイレに流して、空容器はごみ箱に捨ててください。

 

具体的手順

おしりの下に紙おむつや新聞紙を敷きます。
おむつ交換と同じように足を持ち上げて、ベビーオイルかオリーブオイルを付けて肛門のまわりに塗り、次の順序で進めていきます。
・ノズルが隠れるくらいまで入れる。
・容器の中ほどを2本の指で軽く押さえて液を入れる。(容器の半分くらい)
・容器をゆっくり抜き、ティッシュなどで押さえる。
容器を抜いた後、液体だけが飛び出すこともありますので、ティッシュなどで押さえて、しばらくがまんさせてください。(2~3分くらい)

 

イチジク浣腸

参考動画

 

メリット

赤ちゃんが便秘で苦しんでいるときに即効性があります。

 

デメリット

臓器が未発達の赤ちゃんに使うことや、浣腸が習慣になるのを心配する声もあります。
また、病気が原因の便秘のときは、症状が悪化することもありますので、くれぐれも注意してください。

【当サイトお勧め】飲ませるだけでOK!健康スッキリオリゴ糖

【累計180万個突破】モンドセレクション金賞受賞!日本で一番選ばれているオリゴ糖
トイレの度に号泣する赤ちゃんが急増中。その理由とは?