便秘だとどうなる?

赤ちゃん便秘、そのままだとどうなる?

便秘は、赤ちゃんの約80%が経験していることですので、

 

・食欲がある

 

・機嫌がいい

 

・お腹が張っていない

 

など、いつもと変わらない場合はひとまず安心です。

 

ただしウンチの間隔やウンチの硬さなどは、食事や運動が大きく関係していますので、

 

食事の内容のほかに、適度な運動を取り入れることも気をつけてくださいね。

 

また、「おむつかぶれ」や「切れ痔」などがある場合は、ウンチをするときに痛みがともない、

 

赤ちゃんが便意を我慢することもあります。

 

成長とともに発達する赤ちゃんの感情のうち、「快・不快」はいち早くあらわれるものですので、

 

排便にともなう不快な体験を取り除いてあげることが大切です。

 

忙しいときにウンチをしたり、衣服やシーツを汚したりすると、気持ちに余裕がないときは叱りたくもなりますね。

 

これは、赤ちゃんのためにはよくないことですので、トイレトレーニングの時期に入ってからも気をつけてください。

 

赤ちゃん便秘は緊急性がない場合は心配がありませんが、

 

そのまま慢性化すると、幼児期や学齢期になってからも便秘に悩むことにつながります。

 

それを防ぐためにも、赤ちゃんの時代に腸内環境を整えたり、

 

お腹をマッサージしたりして、ウンチの習慣づけをしてあげましょう。

 

特に、腸内環境を整えることは赤ちゃんだけでなく、大人になっても大切なことで、

 

ビフィズス菌やオリゴ糖入りの食品でも注目されています。

 

赤ちゃんの為に作られた腸内環境を整えるオリゴ糖

 

しかし、おとなの為の腸内環境を整えるものは手軽に手に入りますが、

 

それが赤ちゃんにも適応されるとは限りません。

 

そのため、赤ちゃんには赤ちゃんの為に作られたオリゴ糖がベストです。

 

近場のスーパーでは赤ちゃんの為のオリゴ糖は少ないかもしれませんが

 

ネットでは比較的簡単に手に入りますので、一度ご覧になってください。

 

→飲むだけでOK!赤ちゃんの腸内環境を整える最適なオリゴ糖!詳細こちら

【当サイトお勧め】飲ませるだけでOK!健康スッキリオリゴ糖

【累計180万個突破】モンドセレクション金賞受賞!日本で一番選ばれているオリゴ糖
トイレの度に号泣する赤ちゃんが急増中。その理由とは?