赤ちゃんの便秘と病気との関係性

赤ちゃん便秘と病気との関係性は?

赤ちゃんの病気といえば、「ロタウイルス下痢症」や「急性胃腸炎」などで「下痢」になることが多いですが、

 

「便秘」についても注意してください。

 

ことばがしゃべれない赤ちゃんは、泣くことで感情表現をしますが、

 

いつもと泣き方が違っていたりすると不安な気持ちになりますね。

 

赤ちゃん便秘と病気との関係性を考えるときは、ウンチの回数よりも赤ちゃんのようすが重要になります。

 

なかには一週間も出ていないケースもありますが、食欲がある、機嫌がいい、お腹が張っていないなど、

 

いつもと変わったようすがない場合は安心してください。

 

ただし、排便のサイクルが変わった、いきんでいるのに出ない、

 

コロコロして硬いウンチが出るときなどは、病院の受診をお勧めします。

 

ウンチの回数は個人差があるとはいえ、特に、初めて子育てをするお母さんは、どこまでが大丈夫なのか不安ですね。

 

その不安を取り除くためにも、一度病院で診てもらうと安心できますね。

 

病院では、病気が隠れていないかを検査しますので、特に異常がみつからない場合は、気持ちを大きく持ちましょう。

 

しかし、腸の一部が他の部位に入り込んでしまう「腸重重症」のように、一刻を争う病気に罹ることもあります。

 

この病気が疑われるときは、突然、火がついたように泣き出したり、

 

嘔吐や下血(粘血便)がみられますので、すぐに病院へ掛けこんでください。

 

また、新生児の便秘の原因として「ヒルシュスプルング病(先天性巨大結腸症)」があり、

 

生後2~3日から一週間の間にウンチをしない場合などは注意してくださいね。

 

常にうんちを出させるサポートを

 

うんちを定期的に出させてあげるためのオリゴ糖

【当サイトお勧め】飲ませるだけでOK!健康スッキリオリゴ糖

【累計180万個突破】モンドセレクション金賞受賞!日本で一番選ばれているオリゴ糖
トイレの度に号泣する赤ちゃんが急増中。その理由とは?