赤ちゃんの便秘の注意点は?

赤ちゃん便秘の注意点は?

生後間もない赤ちゃんは、1日に数回もウンチをしますが、

 

1カ月を過ぎたころから回数が減り、毎日しなくなることもあります。

 

それまでが順調だっただけに、初めて子育てをするお母さんは心配ですね。

 

でも、ウンチの回数や間隔よりも「赤ちゃんが元気であること」

 

それを便秘を判断する目安にしてください。

 

ただし、赤ちゃんのときにきちんと排便習慣を身につけておくと、

 

幼児期や学齢期になってからも便秘で悩むことも少なくなります。

 

そのためにも、赤ちゃんの時代に腸内環境を整えたり、お腹をマッサージしたりして、ウンチの習慣づけをしてあげましょう。

 

赤ちゃん便秘は、心理的な影響も大きいといわれています。

 

たとえば、お母さんがイライラしているときに、ウンチをされたり、汚されたりすると、

 

ついつい赤ちゃんに八つ当たりすることもありますね。 

 

また、ウンチは汚いものだという意識があると、赤ちゃんの反応も敏感になりますので、

 

トイレトレーニングの時期に入ってからも注意してくださいね。

 

赤ちゃん便秘は、食生活の変化とも大きな関係があります。

 

離乳食が始まると、いろいろな食べ物を口にしますので、腸内環境のバランスにも変化があらわれてきます。

 

特に、善玉菌の代表といわれるビフィズス菌の割合が大幅に減りますので、腸内環境を整えることが大切です。

 

便秘にいい食材として「食物繊維」を多く含むものがあります。

 

最初は、海藻やこんにゃくなどの「水溶性食物繊維」から始め、ようすをみながら

 

「不溶性食物繊維」を含むゴボウやイモ類などを摂りいれるといいでしょう。

 

腸内環境を整える最適なサポートを

 

しかし、赤ちゃんも食べ物の好き嫌いがあり、

 

いくらお腹の調子を整える為だとしても食べてくれなければ

 

なんともなりません。

 

トイレトレーニングをスムーズにさせて早く一人前にさせてあげたいですよね。

 

そんな場合には飲み物にオリゴ糖を混ぜてあげるのが効果的です。

 

最近は赤ちゃん専用のオリゴ糖があり、ネットで好評です。

 

赤ちゃんの為のオリゴ糖詳細はこちら

【当サイトお勧め】飲ませるだけでOK!健康スッキリオリゴ糖

【累計180万個突破】モンドセレクション金賞受賞!日本で一番選ばれているオリゴ糖
トイレの度に号泣する赤ちゃんが急増中。その理由とは?