赤ちゃんの便秘は生後何カ月が注意?

赤ちゃん便秘は、生後何カ月ぐらいが注意が必要か?

生後間もない赤ちゃんは、1日に何度もウンチをしますが、

 

1カ月を過ぎたころから回数が減り、毎日出ないことも多くなります。

 

また、ウンチの間隔には個人差があるため、ほかの赤ちゃんと比べることは、あまり意味がないことです。

 

初めて子育てをするお母さんは、ちょっとしたことでも心配になりますね。

 

また、保育や看護関係の勉強をしている人でも、「自分の赤ちゃん」となると話は別ですから、あまり自分を責めないでください。

 

赤ちゃん便秘は、腸内環境が大きく左右しています。

 

また、腸内環境は赤ちゃんが生まれるときに、お母さんの産道にいる細菌を口から取り入れてつくられるといわれています。

 

そのため、帝王切開で生まれた赤ちゃんは、善玉菌が体に定着する時期が遅れる傾向があるようです。

 

また、腸内環境のバランスが変わるのは離乳食に入る時期で、いろいろな食べ物を口にすることが関係しています。

 

それらのことから、赤ちゃん便秘を解消するためには、離乳期に入るころがポイントになります。

 

離乳期、つまり、離乳食が始まる時期は生後半年くらいですが、

 

赤ちゃんの食べ物に対する反応をみながら始めるといいでしょう。

 

 

離乳食は、「ごっくん期」「もぐもぐ期」「かみかみ期」「ぱくぱく期」の4ステップがあり、

 

1歳のお誕生日を迎えるころには、大人とほとんど同じ食事ができるようになります。

 

なお、赤ちゃんの体の状態を知るためにも、その日の食事メニューをはじめ、ウンチのようすなどの健康状態を記録しておくといいですね。

 

離乳食に加えてウンチを快適に

 

赤ちゃんのウンチを快適に出させて上げる為には

 

腸内環境を整えてあげることが大切です。

 

赤ちゃんの腸内環境を整える方法の詳細はこちら

【当サイトお勧め】飲ませるだけでOK!健康スッキリオリゴ糖

【累計180万個突破】モンドセレクション金賞受賞!日本で一番選ばれているオリゴ糖
トイレの度に号泣する赤ちゃんが急増中。その理由とは?