赤ちゃんと大人の便秘の違いは?

赤ちゃんと大人の便秘の違いは?

ここでは、赤ちゃんと大人の便秘の違いについてお話ししたいと思います。

 

もしかして、いままで抱いていたイメージと違うかもしれませんが、この機会に知っておくといいですね。

 

まず、赤ちゃんの便秘に関しては、「何日ウンチが出なかったら便秘」という定義がないのです。

 

大人の場合、毎日、決まった時間に排便でき、しかも、スッキリできることが望ましいことは、みなさんもご存知ですね。

 

たった1日出ないだけでもお腹が苦しくなる人もいますから、規則正しい排便のリズムがいかに大切か納得できます。

 

大人でもこんなに苦しい想いをしているのに、体が小さい赤ちゃんが毎日排便できないと大変なことになるのでは……

 

そう考えるのも無理はありませんね。

 

ところが、赤ちゃんの場合は、2~3日出ないことや、一週間出ないことも珍しいことではないのです。

 

また、赤ちゃんが口にする母乳やミルクは消化・吸収がいいからとの説もあります。

 

ただし、お腹が張って苦しそうにしていたり、機嫌が悪いときは、ウンチの間隔に関係なく、

 

スムーズに出るようにお腹のマッサージなどをしてあげましょう。

 

もちろん、いきんでも出ないときや、少ししか出ないとき、硬くてコロコロしたウンチが出るときなども便秘の対策が必要です。

 

また、赤ちゃんは離乳食が始まる生後半年くらいになると、腸内環境を整えるビフィズス菌が極端に少なくなります。

 

そのため、ビフィズス菌やオリゴ糖、さらに、食物繊維の多い食材を意識して摂りいれることをお勧めします。

 

もちろん、水分の摂取を意識することも大切ですね。

 

ネットや口コミで大評判のオリゴ糖

 

赤ちゃんの為に作られた腸内環境を整えるオリゴ糖!詳細はこちら

【当サイトお勧め】飲ませるだけでOK!健康スッキリオリゴ糖

【累計180万個突破】モンドセレクション金賞受賞!日本で一番選ばれているオリゴ糖
トイレの度に号泣する赤ちゃんが急増中。その理由とは?